ディーラー下取りで損してるかも?愛車は高く売りたい!

今ある車を下取りに出すならディーラーはだめ!

ディーラーは新車を販売し新車が売れることで会社の利益として成績を上げ実績を得てお給料の他昇進をする仕組みなため、買取については積極性は一切見込めないです。その為、ディーラー側から見て車の下取りなどの他買取をする際、自社から出た売り上げを排出する行為が買取になるため、下取りや買取価格を下げたいと考えるのです。これがディーラーで買取や下取りをしてはいけない理由で、ディーラー自体が買取や下取りについて利点が無いためあえて下取りや買取価格を下げて提示してくるのです。一方、買取を専門としている会社は、中古マーケット市場を知っており、売れる車と見込めば効果で買取をして貰うことが可能です。ディーラーの場合、中古マーケットを把握していても、新車の車の需要を見ており、中古車の購入についてはあまり積極性が無いため下取りを出すのはディーラーは望ましい選択肢ではないのです。下取りもそうで下取りはディーラーにて新車を購入すること前提で下取りをするため価格が割り引かれるというシステムで実質新車を安く購入するための制度で自由に使用することが出来る資金とはならないのです。

車を高く売るなら一括査定が鉄板!

車を高く売るのであるなら、一括査定サイトで複数の査定を貰うことが望ましいです。その理由ですが、複数の会社に査定を出すということは、中古車を中古買取業者同士が競う形で競売と言う形に近い状態で交渉が進むためです。人気のある中古車であれば、中古販売会社でも十分な価格で売買が成立するため、競争も激しくなります。競合する買取業者が多ければ多いほど買取額が上昇するということです。また買取業者以外に一括査定を利用している利用者にも利点があります。高値を提示してくる業者に絞り交渉を進めることが出来ますので、従来通りのやり方と異なりスピードを重視して買取査定に入ることが可能です。従来通りのやり方の場合、各店舗を回り査定に出すことで買取額が判明しますがこのやり方は効率的と言えるものではなく、時間と労力がかかります。時間と労力をかけない手法として一括査定サイトは車を高く売るための手段として鉄板手段であると言えます。

車の一括査定を比較するなら?

車の一括査定をするならばカーセンサー、ズバット車買取比較、楽天無料愛車一括査定を利用すれば複数の買取査定を提示してもらうことが可能です。まず、カーセンサーですが、同時査定依頼数が30社と多いのが特徴です。その上で提携している買取業者が査定に入る仕組みで30社まで依頼することが可能です。ズバットは10社で少なくなりますが、その分利点もあり、たくさんあればあるほど問題としてはどの業者が良いかと言う問題があります。確かに、たくさんあればその中から選んで査定を出せばそれでよいのですが、業者から連絡が多数入ることを考えますと、たくさんの業者にいっぺんに査定を出す仕組みの場合、果たしてたくさんの業者からくるメールに答えることが可能かと言う問題が生まれます。その為、依頼できる会社が多いというのは利点でもありますがそれと同時にデメリットともなります。楽天も10社と少ない同時依頼数ですが、お勧めでき、その理由は競合相手の連絡のお差を比較すると少ないのでお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です