家庭用蓄電池はこれからの社会に必要なモノ

これからの時代は家庭用蓄電池が必要になる??

家庭用蓄電池のメリットの1つ目として、停電時の予備電源として使えるという点です。7.2kWhの蓄電池では、フル充電で約12時間使用することができると言われています。地震や台風などの災害時の備えには便利な物です。2つ目として、太陽光発電の電気を自家消費できる点が挙げられます。電力会社で購入する電気より、蓄電池を導入して自家消費率を高めた方が割安になり、節約にもつながります。3つ目として、電気自動車と相性がいい点が挙げられます。これに関しては、電気を賢く使うと太陽の力で電気自動車を走らせることができるので、ガソリン代がかからなくなります。また、電気で走るので地球環境にもよく地球温暖化も抑制することができます。以上よりこれからの時代は、家庭用蓄電池が必要になってくると思います。

家庭用蓄電池の価格はどのくらいなの?

家庭用蓄電池の価格は、本体価格、設置費用、電気系統の工賃の3つのトータルコストになります。蓄電池には種類が鉛蓄電池、リチウムイオン蓄電池、NAS蓄電池、ニッケル水素電池の大きく4つあります。家庭用蓄電池として、小型かつ軽量、長寿命で充電時間の短いリチウムイオン蓄電池が使い勝手が良いです。価格の相場としては、高い物で約150万円安くても100万円前後となかなか手が出せないほどの高額となっています。また導入後には、メンテナンス費用、補償費用、修理費用が必要になる可能性もあります。蓄電池は消耗品なので10年ほど使うと交換が必要となり、数十万ほどかかることがほとんどです。全国の各地方自治体でも蓄電池導入の補助金制度が用意されいるので、それも利用してみるといいと思います。

家庭用蓄電池はこれからの社会に必要なモノ

家庭用蓄電池はこれからの社会に必要不可欠なものになってきています。個人的な便利さや節約ができるのも大きなメリットですが、社会における利点もとても大きなものとなっています。一人一人が調理や自動車などにガスを使わず電気を使うだけで、大気汚染や地球温暖化などの環境汚染の大きな抑制につながっていきます。国が太陽光発電を推進しているのも、電気料金が上がり続けているのも、その原因は電力不足にあります。しかし、家庭用蓄電池を導入すれば電力会社の消費電力の削減にも貢献することもできます。また、2013年の東日本大震災などのように、いつまた同じような災害が来るかわかりません。そのときに家庭ごとに電気があるというだけで安心感を与えてくれます。今でも家庭用電池の普及が進んでいます。ぜひこの機会にまだ検討していない方は検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です