要介護で受けられるサービスをご紹介

介護保険で受けられるサービス

要介護認定されると、介護保険で以下のようなサービスが受けられます。

(1)居宅介護支援

家族の相談対応、ケアプランの作成

(2)自宅に住む要介護者のためのサービス(居宅サービス)

   <訪問型サービス>

  • 訪問介護
  • 生活援助(家事支援、掃除や洗濯、皿洗いなどの代行)
  • 身体介護(お風呂、トイレなのどの支援)
  • 訪問看護(要介護者の健康状態や血圧の確認など)
  • 訪問入浴介護(自宅に浴槽を持ち込んで入浴の手伝いをする)
  • 訪問リハビリテーション(専門家が訪問し自宅にてリハビリを受ける)
  • 居宅療養管理指導(医師、歯科医師、薬剤師、栄養士などに訪問してもらい、療養上の管理・指導を受ける)
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護(24時間対応型の訪問介護・訪問看護サービス)

   <通所型サービス>

  • デイサービス(食事や入浴などの日常生活のサポートをおこなう)
  • デイケア(病院などで、日常生活の自立のために理学療法士、作業療法士などがリハビリを行う)
  • 認知症対応型通所介護(認知症の高齢者が利用するデイサービス)

   <短期滞在型サービス>

  • ショートステイ(施設などに短期間宿泊して、食事や入浴などの支援や、心身の機能を維持・向上するためのリハビリの支援など。家族の介護負担軽減や施設入居準備などに利用できる)

(3)施設に入居するサービス(施設サービス) 

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 介護療養型医療施設(療養病床 ※「介護医療院」に順次転換予定。)

(4)福祉用具に関するサービス

  • 介護ベッド、車イスなどのレンタル
  • 入浴・排せつ関係の福祉用具の購入費の助成(年間10万円が上限で、その1~3割自己負担することで購入できる)

(5)住宅改修

  • 手すり、階段のバリアフリー、和式トイレを洋式にといった工事費用に補助金が支給される。最大で20万円まで。利用者はその1から3割を負担。

また、有料老人ホームで、自治体から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているところは、介護サービスに介護保険が適用されます。月額の費用もサービス内容もさまざまですので、よく調べてから利用するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です